感謝の気持ちを表せるおもてなし婚とは?

感謝

近年人気となっているのが、「おもてなし婚」

「おもてなし」といえば、東京オリンピック開催決定時に一躍話題となった言葉ですよね。

では、おもてなし婚とは、どのような結婚式スタイルなのでしょうか?

詳しく確認していくことにしましょう。

 

おもてなし婚とは?

おもてなし婚とは、その言葉通りゲストに対しての「おもてなし」を重視する結婚式スタイル。

ゲストに喜んでもらうことを重視して、演出などを考えます。

おもてなし婚は、近年では「大切なゲストにしっかり感謝の気持ちを伝えられる!」ということで、人気のスタイルなんですよ!

 

おもてなし婚のポイント

料理を徹底してこだわる

結婚式に招かれたゲストの楽しみのひとつが、婚礼料理。

おもてなし婚では、豪華な料理を用意することが多いです。

また、メニューにおふたりの地元料理を取り入れるケースも。

「ゲストを喜ばせよう!」と考えることが最大のポイントです。

 

参加型の演出を多くする

おもてなし婚では、ゲストも一緒に楽しめるように参加型の演出が多い印象です。

例えば、

  • ウェディングケーキ入刀前に、ゲストと一緒にデコレーションをしたり
  • 入刀後のケーキを新郎新婦がゲストにサーブしたり
  • ……

など、一般的に「ふたりで行う」とされる演出も、ゲストと一緒に楽しむことがおもてなし婚のポイントです。

 

歓談時間を長く設ける

演出をたくさん詰め込んだ結婚式というのは、どうしても落ち着かないもの。

ゲストのことを考えるのであれば、演出はほどほどにして歓談時間を長めに設けましょう。

また、新郎新婦が長時間不在とならないように、お色直しの回数を減らす方も多いようです。

 

余興はセルフで

通常であれば、余興はゲストに依頼するもの。

ですが、おもてなし婚では、新郎新婦みずから余興を行うことが多いです。

  • ダンスを踊ったり
  • 得意な楽器を弾いたり
  • ……

などすれば、会場も盛り上がることでしょう。

また「自分たちでやるのは恥ずかしい…」という場合は、プロに依頼してゲストが楽しめるような演出を行ってもらうこともひとつの方法です。

 

高砂をつくらない

最近では、あえて高砂をつくらない結婚式も多いです。

新郎新婦の席をソファにすれば、一気にカジュアルな雰囲気に。

ゲストとの間に一体感が生まれますよ。

 

まとめ

以上、人気のおもてなし婚について確認してきました。

おもてなし婚には、はっきりとした決まりはありません。

大切なのは、ゲストを思いやる心です。

今回ご紹介したポイントを意識しながら、おもてなし婚について考えてみてくださいね。