結婚式の季節はいつが良い?メリットとデメリットをチェック!

季節

結婚式の日取りを考えるうえで、考慮したいのが季節。

今回は、結婚式を行う季節別のメリットとデメリットについて、チェックしていくことにしましょう。

 

春に結婚式を行う場合

まずは、春(3~5月)に結婚式を行う場合のメリットとデメリットについて、チェックしていきます。

 

メリット

景色がきれい

桜や新緑など、春らしい景色を楽しめます。

 

悪天候になりにくい

夏や秋と比較して、春は台風などの影響を受けにくいです。

 

デメリット

歓送迎会の時期で忙しい人が多い

春は異動のシーズンなので、忙しい人が多いです。

 

予約がとりにくい

春はハイシーズンのため、予約が埋まりやすい時期。

早めの予約が必須です。

 

夏に結婚式を行う場合

次に、夏(6~8月)に結婚式を行う場合のメリットとデメリットについて、チェックしていきます。

 

メリット

夏ならではの雰囲気を楽しめる

夏は、開放的な季節。

夏ならではの華やかな雰囲気のコーディネートがマッチします。

 

価格が安め

夏はローシーズンのため、プランが安く設定されていることが多いです。

 

デメリット

ゲストの負担が大きい

とにかく暑いため、ゲストの負担が大きいです。

特に、ご年配などがいらっしゃる際には、注意が必要でしょう。

 

屋外演出ができない

ゲストの負担を考えると、暑い屋外演出は避けたほうがよいでしょう。

 

秋に結婚式を行う場合

次に、秋(9~11月)に結婚式を行う場合のメリットとデメリットについて、チェックしていきます。

 

メリット

過ごしやすい

春と同様に、秋は快適に過ごせる季節です。

 

紅葉がきれい

秋は、もみじなどの鮮やかな紅葉が楽しめます。

 

デメリット

予約がとりにくい

秋は、春と同様に予約が人気のある季節なため、予約がとりにくいです。

 

価格が高め

秋はハイシーズンのため、価格が高めに設定されていることが多いです。

 

冬に結婚式を行う場合

最後に、冬(12~3月)に結婚式を行う場合のメリットとデメリットについて、チェックしていきます。

 

メリット

イベントに合わせて結婚式をコーディネートできる

クリスマスやバレンタインなど、冬はイベントが盛りだくさん。

これらを活用して、結婚式のコーディネートを楽しめます。

 

予約がとりやすい

冬は、夏と同様にローシーズンのため、予約がとりやすいです。

 

デメリット

ゲストの負担が大きい

特に、雪が降る地域の場合では、移動などが大変です。

 

インフルエンザなどにかかる可能性がある

冬は、風邪やインフルエンザなどが流行する可能性があります。

 

まとめ

以上、結婚式を行う季節別のメリットとデメリットについて、チェックしてきました。

ゲストのことを考えながら、結婚式の季節について考えてみてくださいね。