結婚式を行う時間帯は?それぞれのメリットとデメリット

時間

「結婚式の時間帯は、午前と午後のどちらが良いのだろうか…」とお悩みの方も多いですよね。

結婚式のスタート時間は、ゲストにも考慮してじっくり検討したいもの。

今回は、結婚式の時間帯別のメリットとデメリットについて、お話していくことにしましょう。

 

午前スタートの結婚式の場合

まずは、10:00~11:30くらいに結婚式をスタートさせる場合のメリットとデメリットについて、確認していきます。

 

メリット

縁起が良い

昔から、お祝い事は明るいうちに行うのが縁起が良いとされています。

両親や親族が縁起を気にするようであれば、午前中に結婚式をスタートさせるのがよいでしょう。

 

披露宴の時間帯がちょうど良い

11時挙式、12時半披露宴…という場合には、ちょうどランチの時間に披露宴となります。

食事としてのタイミングが良いので、ゲストへの配慮もばっちりです。

 

デメリット

新郎新婦の負担が大きい

準備が必要な新郎新婦は、早朝に家を出発することになります。

どうしても負担がかかることになりますね。

 

遠方のゲストが大変

遠方のゲストがいる場合には、前日から結婚式場付近に宿泊することになります。

この点も少し気にかかるところです。

 

午後スタートの結婚式の場合

次に、12:00~15:00くらいに結婚式をスタートさせる場合のメリットとデメリットについて、確認していきます。

 

メリット

時間的余裕がある

お昼からの結婚式であれば、朝起きてからは少し時間があります。

新郎新婦・ゲストともに、時間に余裕を持ってゆったり準備することができるでしょう。

 

二次会の時間がちょうど良い

午後の結婚式ならば、ちょうど夕方に二次会がスタート。

解散は19時~21時ごろとなるので、ちょうど良いですよね。

 

デメリット

食事のタイミングが合わせづらい

ランチには遅すぎるし、ディナーには早すぎるタイミング。

「ご飯をどうしようか…」と迷ってしまうゲストもいらっしゃるかもしれません。

 

夕方スタートの結婚式の場合

最後に、15:00~18:00くらいに結婚式をスタートさせる場合のメリットとデメリットについて、確認していきます。

 

メリット

仕事終わりに出席できる

夕方であれば、仕事があっても参加できるゲストが多いです。

近頃では、金曜日の結婚式も人気ですよ。

 

ナイトウェデイングならではの雰囲気を楽しめる

夕方~夜にかけての時間帯は、ロマンチックな雰囲気。

一味違った結婚式を楽しめます。

 

デメリット

解散が遅くなりがち

夕方のスタートとなると、必然的に時間が遅くなりがち。

場合によっては、二次会が開催できないかもしれません。

 

子供がいるゲストが出席しにくい

夜の結婚式なので、帰りが遅くなることに。

すると、小さな子供がいるゲストは、出席しにくいと感じることもあるかもしれません。

 

まとめ

以上、時間帯別のメリットとデメリットについて、お話してきました。

おふたりで相談しながら、結婚式のスタート時間について考えてみてくださいね。