縁を結ぶ仏前式とは?メリットとデメリットをチェック!

僧侶

仏前式はあまりメジャーではない挙式スタイルのため、「聞いたことがない…」という方も多いかもしれませんね。

さて、仏前式とは、どのような挙式スタイルなのでしょうか?

詳しくチェックしていくことにしましょう。

 

仏前式とは?

仏前式は、仏教に則って行われる挙式スタイルです。

日本には、仏教を信仰している家庭もありますよね。

あまりメジャーではありませんが、近年では仏前式を選ぶ新郎新婦も増えているようです。

 

仏前式のメリット

ご先祖様に結婚報告ができる

仏前式では、ご先祖様に結婚報告をします。

代々のご先祖様に、きちんと感謝を伝えることができるでしょう。

 

静かな雰囲気で挙式を行える

仏前式は、お香が焚かれた空間で儀式を行います。

静かにゆっくりと、挙式を行うことができるでしょう。

 

仏前式のデメリット

対応している結婚式場が少ない

残念ながら、仏前式に対応している結婚式場は、ごくわずかです。

しかし、仏前式は、自宅に僧侶を招き仏壇の前で儀式を行うことも可能です。

 

親族のみの参列が基本

仏前式に参列するのは、基本的に親族のみとなります。

友人やお世話になった人をお招きしたい場合には、不向きな挙式スタイルです。

 

一般的な仏前式の流れ

続いては、一般的な仏前式の流れについて、ご紹介していくことにしましょう。

 

1.列席者入堂

最初に、両親が入堂。

その後に、親族が入堂します。

(自宅の仏壇の前で行う場合には、すでに列席者が揃っているケースもあります。)

 

2.新郎新婦入堂

新郎新婦が入堂します。

それぞれ、媒酌人とその夫人に付き添われて入堂するのが基本です。

 

3.僧侶入堂

列席者がすべて揃ったところで、僧侶が入堂します。

 

4.敬白文朗読

僧侶が、仏様とご先祖様に向けて、これから儀式を行う旨を報告をします。

 

5.念珠授与

僧侶が数珠を新郎新婦に受け渡し、その後合掌します。

使用する数珠は、すでにもっているものでも構いません。

また、挙式プランによっては、数珠代が費用に含まれていることもあります。

 

6.司婚の辞

新郎新婦が、夫婦としての契りを交わします。

これは、神前式の場合の「誓詞奏上」にあてはまりますね。

 

7.婚儀の成立

僧侶により、婚儀の成立が宣言されます。

この儀式のあと、晴れて結婚が成立となります。

 

7.焼香

新郎・新婦の順番で、焼香を行います。

焼香を行うというのは、「まさに仏前式」という印象が強いですね。

 

8.誓杯

新郎新婦・親族を含めた列席者全員で、誓いの杯を交わします。

お酒が苦手な場合は、軽く口をつけるだけでもOKです。

 

9.法和

僧侶が、結婚を祝うお祈りを捧げます。

 

10.退堂

最後に全員で合掌をし、退堂します。

 

まとめ

以上、仏前式についてチェックしてきました。

仏前式の流れをご紹介しましたが、今回チェックしたのは、あくまでもお寺で挙式を行う場合の一例です。

自宅で仏前式を行う場合には、この限りではありません。

マイナーな仏前式ではありますが、親族やご先祖様との「つながり」や「縁」を改めて確認できる挙式スタイルです。

ただし、対応している結婚式場が少ないので、仏前式を検討している場合には、事前に対応できる結婚式場をしっかり探しておきましょう。