日本らしさが魅力の神前式とは?メリットとデメリットをチェック!

神前式

日本の伝統美が感じられる神前式。

では、神前式とはどのような挙式スタイルなのでしょうか?

詳しくチェックしていくことにしましょう。

 

神前式とは

神前式とは、神教に則った挙式スタイル。

神社や神殿で行われることが多いです。

和の雰囲気が魅力で、神前式に憧れている花嫁もたくさんいらっしゃいます。

 

神前式のメリット

厳かな雰囲気のなかで挙式を行える

神前式は粛々と儀式が行われます。

凛とした空気のなか、厳かな雰囲気で挙式を行うことができるでしょう。

落ち着きを求めたい大人の花嫁にもぴったりです。

 

白無垢を着られる

披露宴での和装というと、色打掛がメジャー。

神前式を行わない場合には、白無垢は着用しないことが多いです。

清楚な白無垢を着られるのは、神前式だからこその魅力ですね。

 

神前式のデメリット

結婚式場によって対応していないケースがある

規模の大きいホテルなどには、神殿が用意されていることが多いです。

しかし、小さな結婚式場の場合には、神殿がないケースも少なくありません。

神前式を検討している場合には、事前に対応できる結婚式場をチェックしておきましょう。

 

神社で挙式を行う場合は天候に左右されやすい

結婚式場内の神殿ではなく神社で挙式を行う場合には、どうしても天候に左右されやすいです。

新郎新婦と親族が本殿まで歩く「参進の儀」は、悪天候の際には実施できないこともあります。

 

一般的な神前式の流れ

続いて、一般的な神前式の流れについて、ご紹介していきます。

 

1.参進の義

神社で挙式を行う場合には、神職の誘導のもとで、新郎新婦と親族が本殿に歩いて向かいます。

 

2.入場

まずは、親族が入場。

そのあとに新郎新婦、そして最後に仲人と神職が入場します。

なお、仲人がいない場合もあります。

 

3.修祓の義

まずは、穢れを清めるための儀式を行います。

神職が祓詞を述べます。

神前式らしい儀式ですね。

 

4.祝詞奏上の儀

神職から神へ、結婚の報告をします。

 

5.三々九度の盃

3つの盃で、新郎新婦がお神酒をいただきます。

お神酒をいただく場面は、もっとも神前式らしいシーンといっても過言ではありませんね。

 

6.指輪交換

もし指輪交換をするケースでは、三々九度の盃を交わしたあとに行います。

ただ、もともと神前式では行われないものですから、割愛しても問題ありません。

 

7.誓詞奏上

新郎新婦が、夫婦になる誓いを述べます。

 

8.巫女の舞

新郎新婦を祝福するため、巫女が舞を踊ります。

華やかなシーンとなるでしょう。

 

9.親族盃の儀

親族となった両家が、盃を交わしてお神酒をいただきます。

この儀式で、両家との関わりを強く意識する方も多いですね。

 

10.あいさつ

神職が挨拶をし、儀式は終了となります。

その後、順序に則って参列者が退場して式が終わります。

 

まとめ

以上、神前式についてチェックしてきました。

神前式の和風な雰囲気は、とても魅力的。

ぜひ挙式スタイルとして、神前式を検討してみてはいかがでしょうか?