人気の教会式とは?メリットとデメリットをチェック!

教会式

結婚式の挙式スタイルのなかでも、王道なのが「教会式」。

では、教会式とは、どのような挙式スタイルなのでしょうか?

詳しくチェックしていくことにしましょう。

 

教会式とは?

教会式とは、キリスト教式に則った挙式スタイル。

大聖堂やチャペルなどで行われることが多いです。

数ある挙式スタイルのなかでも一番メジャーであり、多くの式場が教会式に対応しています。

 

教会式のメリットとデメリット

メリット

厳かな雰囲気で挙式を行える

儀式性の高い教会式は、とても厳かな雰囲気。

静かにゆっくりと、愛を誓うことができるでしょう。

 

対応している結婚式場が多い

もっともメジャーな教会式は、ほとんどの結婚式場が対応しています。

結婚式場の選択肢が多いのは、大きなメリットですね。

 

ウェディングドレスがよく映える

クラシカルなチャペルは、ウェディングドレスとの相性がバツグン!

美しい花嫁姿となるでしょう。

 

デメリット

進行のアレンジがあまりできない

キリスト教式に則って行われる教会式は、あまり自由度が高くありません。

「オリジナリティーを出したい!」という方には、不向きかもしれませんね。

 

チャペルの収容人数が限られている場合がある

対応している結婚式場が多い教会式ですが、チャペル自体の収容人数が少ないケースもあります。

大勢のゲストを挙式にお招きしたい場合には、結婚式場の選択肢が少なくなってしまうでしょう。

 

一般的な教会式の流れ

次に、一般的な教会式の流れをご紹介します。

 

1.新郎新婦入場

新郎が先に入場。

次に、父親や親族とともに新婦が入場します。

その後、新郎が新婦の手を取ります。

また、新婦入場前に、母親にベールダウンをしてもらう方も多いです。

 

2.讃美歌斉唱

列席者全員で、讃美歌を斉唱します。

 

3.聖書朗読

牧師さんが、聖書を朗読します。

 

4.結婚の誓約

牧師さんが聖書に基づいて、新郎新婦に問いかけを行います。

新郎新婦がそれに答えるかたちで、結婚を誓約します。

 

5.指輪交換

新郎新婦が、指輪を交換します。

 

6.結婚宣言

牧師がお祈りを捧げたあと、新郎新婦が結婚証書にサインをします。

 

7.退場

新郎新婦が、ともに退場します。

 

8.アフターセレモニー

退場後、ゲストとともにフラワーシャワーやブーケトスなどの、アフターセレモニーを行います。

オリジナリティーを出したい場合には、アフターセレモニーを工夫するのもおすすめです。

 

まとめ

以上、教会式について確認してきました。

王道である教会式は、やはり花嫁の憧れですよね。

ぜひ挙式スタイルとして、教会式を検討してみてはいかがでしょうか?