近年注目されている人前式とは?メリットとデメリットをチェック!

人前式

近年注目されている挙式スタイルのひとつが、「人前式」。

では、人前式とは、いったいどのような挙式スタイルなのでしょうか?

詳しくチェックしていくことにしましょう。

 

人前式とは?

人前式とは、宗教にとらわれず自由なスタイルで行う挙式のこと。

一般的に、ゲストの前でふたりが愛を誓います。

儀式性がないことから、演出などのアレンジも自由。

「カジュアルに挙式ができる!」と人気が集まっているのです。

 

人前式のメリットとデメリット

メリット

自由な演出ができる

人前式は、とにかく自由度が高いことが魅力。

誓いの言葉なども、おふたりで自由に考えることができます。

また、そのほかの演出のアレンジも豊富です!

 

会場の選択肢が自由

人前式を行うのは、チャペルでなくてもOK。

ガーデンや披露宴会場内など、さまざまな場所で挙式を行えます。

 

費用を節約できる

披露宴会場内で人前式を行う場合には、挙式場の費用を節約することが可能。

また、牧師さんなどがいない分、挙式自体の費用も抑えられます。

リーズナブルに挙式を行うことができるでしょう。

 

デメリット

厳かな雰囲気に欠ける

カジュアルな雰囲気の人前式は、やはり教会式や神前式よりは厳かな雰囲気に欠けてしまいます。

厳かに人前式を行いたい場合には、プランナーさんと相談しながらしっかりと雰囲気づくりを考えることが重要です。

 

時間が短くなりやすい

人前式は、儀式性がない分、行うプログラムも少なめ。

そのため、人によっては「物足りない…」と感じてしまうこともあるでしょう。

時間が短いと感じる場合には、ボリュームを膨らませることができないかプランナーさんに相談してみましょう。

 

一般的な人前式の流れ

次に、一般的な人前式の流れをご紹介します。

なお、あくまでも一例なので、アレンジは自由です。

 

1.新郎新婦の入場・開式

新郎新婦が入場。

チャペル式と同様に、新郎が先に入ってあとから新婦が入場するスタイルを採る方もいらっしゃいます。

 

2.誓いの言葉

誓いの言葉をゲストの前で交わします。

 

3.指輪の交換

指輪の交換を行います。

小さな子どもやペットが指輪を運んでくる演出も人気です。

 

4.結婚誓約書に署名

新郎新婦が結婚誓約書に署名をします。

 

5.結婚成立宣言

署名後、結婚が成立したことをゲストに宣言します。

 

6.閉式

人前式が完了。

新郎新婦が退場します。

また、披露宴会場内で人前式を行っている場合には、そのまま披露宴に入ることもあります。

 

まとめ

以上、人前式について確認してきました。

人前式には、教会式や神前式にはない魅力がたくさん。

ぜひ挙式スタイルとして、人前式を検討してみてはいかがでしょうか?